即日キャッシング

便利な即日キャッシング。今や条件さえ合えば主婦や学生でも安心して借りられるのです。

即日キャッシングの方法は様々

どういうわけか給料日前に限って大きな出費があるのがサラリーマン社会の法則のようなもので、そういったときにいかに上手にやりくりするかはその人の手腕が試されます。
こういった突発的な出費に役に立つのがローン会社や信販会社の即日キャッシングサービス。

 

この即日キャッシングサービスは予め、契約している信販会社やローン会社が発行したローンカードを利用してコンビニや金融機関のATMから引き出しが出来るサービス。事前に契約した引き出し枠の範囲内で現金の払い出しが出来ます。

 

現在では日本国内のカード利用者の総数は信販、消費者金融、クレジットなど含めるとおよそ2000万人弱おり、即日キャッシングサービスは彼らのイザに即時に対応できるよう常に彼らの財布の中で待機しているのです。

 

それにしてもかつてこういった即日キャッシングサービスは大変イメージの悪いものでしたが、最近は業界を挙げてイメージの改善に取り組んできました。
今では金融強者に対する印象は大きく変化し、また必要に応じて窓口で融資を受ける従来の即日キャッシングのスタイルではなく、銀行や証券会社、またコンビニATMと積極的に提携することで、ATMから払い出しが出来るようになりました。

 

ローンカードの利便性は格段に向上したように思います。かつてのグレーなイメージから会社の枠を超えて、業界が一致団結し、イメージの向上と金融業者自身が自らコンプライアンスを課したことで金融業者に対するイメージは非常にクリーン。一般の企業となんら変わりないものに変化していきました。このように即日キャッシングにはダークな過去はあるものの今となっては昔の話ですから、なんら不安なく利用できるようになっています。

即日キャッシング借入れ条件

即日キャッシングできるローンカードホルダーと呼ばれる契約者総数が全国に2000万人弱居るとはいえ誰でも即日キャッシングのローンカードを持てるわけではありません。

 

ローンカード発行には審査があり条件もあります。

 

この条件を申し込みの条件と呼んだりしますが会社によっては厳しい条件を提示される場合があります。まず、即日キャッシングが出来るカードを2種類に分けて説明します。

 

まずイオンカードや銀行のクレジットといったクレジットカード。
このクレジットカードの場合、申し込み窓口はショッピングセンター内や銀行のロビー、または郵送、ネットでの申し込みが主体となりますが条件として20歳以上で日本国内に住所のある人が前提条件となります。ただし場合によっては申し込み時に年収を明らかにする源泉徴収の提示が必要になる場合もあります。

 

次にアコムやプロミスといった消費者金融 キャッシングですが、消費者金融の申し込みの特徴は無人自動契約機を活用しているのが特徴で全ての契約行為や変更手続き等はこの無人機の中で完結できるよう機能的に出来ています。また消費者金融の場合、クレジットカードのようにショッピング枠がない分、直に現金融資となるため、審査基準の裁量に関しては厳格で、20歳以上で安定した収入のある仕事をしている日本に居住している人が申し込みの前提となります。また借入れできる金額も年収の3分の1位無いという法律上の規定があるため、源泉徴収の提示は必須で、審査も消費者金融系、信販系、クレジット系、銀行系の全部で4つの信用情報機関に照会をかけたうえで、他社からの借入れ状況を徹底的にチェックします。

 

そして万が一、年収の3分の1以上の借入れが判明した時点で、お断り案件となり借入れは出来なくなるのです。

 

即日キャッシングというのは、簡単なようで実際はいくつものフィルターを潜っていかなくてはならないのです。

審査は必ずしも希望に沿うものではない

即日キャッシングの為にいろんなローン会社やキャッシング業者に申し込みを行い審査というフィルターを通すわけですが、このフィルターを通したことで他社からの借り入れや勤務先の属性や勤務先の四季報などに基づいた企業業績まで丸裸にされるのがキャッシングの審査手順。

 

 

この審査というのは他社からの借入れや申し込みの勤務先属性や役職、年収を総合的に判断し最終的な融資額を決定します。審査手順を与信判断と業界では言いますが、この与信判断は消費者金融、信販系クレジット、銀行系カードローンそれぞれが独自の判断基準を持っていますので全業種共通の与信判断基準はありません。

 

したがってかつてはA社で申し込みをした時50万円の利用額の与信が出てカードを発行してもらい即日キャッシングについてはできたけど、A社完済後に同じ申し込み内容で申し込んだB社では20万円しか融資枠がなかったなんてことはよくありました。

 

理由は簡単でこの与信判断が会社によって大なり小なり異なるのです。

 

ですが、貸金業法の規制が始まるまではこの与信判断の触れ幅は非常に大きく簡単にいうと審査の甘い会社はとことん甘いが厳しい会社は恐ろしく厳しいという審査のムラが業界内で起きていました。そしてこのムラの国のメスが入ることになり、出資法の規制として借入れできる金額は年収の3分の1以内となったのです。

 

したがってこの貸金業法が厳しくなったことで、国としての一定のガイドラインが生まれ、それ以降はその消費者金融業者もそのガイドラインに従って運営していかざるを得なくなったのです。そのため、それまで甘いといわれていた金融業者も年収の3分の1以内という出資法の規定を遵守していかなくてはならなくなり、顧客側も申し込み時はもう過剰な期待は出来なくなりました。

 

つまり即日キャッシングで申し込みしたくても、その申し込み内容によっては出資法の規定により、顧客の希望に添えない場合もあるようになったのです。

審査が厳しい銀行系カードローン

消費者金融や信販系クレジットなど即日キャッシングというサービスに対応するための金融業者は数あれど審査が最も厳しいのはいわゆる、銀行系のカードローンが一般的と言われています。

 

最近でこそ、ネット銀行系のカードローンもネット上では見かけるようになりましたが、やはりメガバンクや地方銀行の取り扱っている銀行系カードローンはソフトなテレビCMとは対照的に、さすが銀行だけあって審査は堅く、即日キャッシングは難しいと巷では言われているようです。

 

ではどうして銀行系カードローンの即日キャッシングがそこまで巷で言われるほどに、審査が厳しいのでしょうか?

 

まず、銀行系カードローンというのは、消費者金融のような貸金業者ではありません。
貸金業を行ってはいますが、厳密には銀行法が銀行の行動規範になっています。銀行はもともと融資に回す資金を預金者から集め、その預金を融資に回して利息をつけて返してもらうことで銀行の運営資金になりますがこの融資の判断は大変シビアでなくてはなりません。

 

いくら甘い言葉でスピードキャッシングや即日キャッシングを強調しても融資に回す源泉は預金者の預金ですから、即日キャッシングやスピードキャッシングで融資したお金が万が一返ってこなかったら一大事。

 

融資担当者の責任問題にもなりかねません。

 

一方、消費者金融は自社のお金を即日キャッシングのために回す為、その源泉の重みが銀行の源泉とは大きく異なります。
つまり消費者金融と銀行では資金の出所が違うのです。銀行カードローンの審査が巷で厳しいと酷評されている所以はここにあります。